テレフォンアポインターの代行の現状はどうなっているか

電話営業の実態はどうなっているか

誰もが知っている企業やサービスにおけるテレフォンポインターはその企業の子会社や委託会社で採用された人材である事が多いのです。その人材の雇用形態の殆どが派遣社員や契約社員などの非正規雇用者です。この人材が集まるいわゆるカスタマーセンターの住所は多くの個人情報を取り扱う為、住所非公開である事が多いのです。また非対面式営業になるので服装規定も厳しくないカスタマーセンターも多く存在しております。

ビジネス電話について

顧客層が法人・個人どちらであるにしろ、多くのカスタマーセンターでは顧客リストが用意されます。例えばインターネットサービスに絡むものであれば、提携を結んでいる家電量販店でインターネット契約や家電購入をした人の住所や連絡先が回ってくるのです。顧客リストをみてアポインターは1件1件電話をかけ、アポイント結果をデータで残し情報共有してその後の対応を取っていく流れがあるのです。当然、「個人情報を教えた覚えがない」と激怒する顧客も多いのでカスタマーセンターを運営するその会社の正社員が責任者として顧客対応する事も多いのです。

テレアポ代行人の探し方

前述の電話営業の実態で述べた通り、殆どが子会社や委託会社の非正規雇用者であります。求人方法は各転職サイトや街中で気軽に手にする事ができるフリー求人雑誌などに掲載されており、主に1回程度の面接で採用不採用の結果がでる所が多いと聞いております。非対面とは言え、営業である為コミュニケーション力は徹底的に採用において重視されます。

テレアポ代行を利用すると、自分の指示した対応をプロのオペレーターに対応してもらうことができるので、先方にも失礼にならず、安心して任せることができます。