新人研修は実施する!?企業の戦力を育てる第一歩

新人研修は社会人にとっては基本

新入社員が入社した場合に企業の多くは研修を実施します。それまで学生だった新人に対して、社会人としての心構えをはじめとして、礼儀作法やマナー、電話の受け答え等といった先輩社員にとっては当たり前のことを叩きこむことになります。新人に対する社員研修ほど重要なものはなくて、ここで指導されて身についたことが今後の社会人生活の中心になっていくことが多いのです。きちんと挨拶ができるような新人は先輩社員になっても挨拶の大事さを理解して部下にも指導し、その姿が他の企業から礼儀作法がしっかりしている企業であるという評価を受けることになります。

半年研修で理解度合いを確認する

新入社員研修を実施した企業では半年経過した際にフォロー研修という名の半年後研修を実施するところが多いです。入社して4月に実施した入社時研修で学んだことが半年経った今でも実際にできているかの確認の意味では重要な研修です。忘れていたことを改めで確認できる重要な研修です。新人として働いた1年間で研修で得たことは社会人生活の最後まで身についていることが多いです。

管理職になった場合の研修

そして今後管理職になった場合には、新任管理職研修であったりリーダー研修というものが実施されます。これはリーダーとしての心構えや振舞い方や考え方が指導されて部下育成のための参考になります。それが最終的に企業で働く人材のスキルをアップさせて企業を活性化することに繋がるため企業の多くがこれらのステップでの研修は重要視しています。

管理職は、部下や組織をまとめて引っ張ていかなくてはなりません。そのため、管理職研修ではより高度な知識や技術、指導者としての心得などを学ぶことになります。