日本にいて英会話が上達できる一番確実な方法とは?

頭の中の思考を英語だけにする

英会話を上達させるためには、頭の中で日本語を英訳したり聞いた英語を日本語に翻訳したりする回路を遮断することです。小学校上級生から中学校、高校と授業では日本語と英語を置き換える勉強をたくさんしてきています。そのため日本語を主体にして物事を考える癖がついてしまっているのです。本来、会話とは発せられた言葉に対して即座に言葉を返していくものです。その過程で翻訳機能を働かせると、どうも時間もかかって上手くいきません。英語を英語として理解し、答えることができれば会話が成立します。

どうやって英語を翻訳せずに理解するのか

今日はいい天気ですね、どこへ行くのですか?などの簡単な文章は、英語を聞いて一々日本語にしなくても理解できます。このように理解できる文章を増やしていくことが英語をそのまま理解するのに役立ちます。英会話学校でも、その方法でできるだけたくさんの『よく使うフレーズ』などを覚え、次にそのフレーズを自分で使ってみる授業がほとんどです。その時はちゃんと覚えたつもりでも、翌日には忘れてしまっていることも多くあります。

英語は使う回数で定着するかどうかが決まる

日本で生活していれば一日に何度も英語を話す機会は限られた場でしかありません。英語を上達するには、自分で発信する回数を増やすことが大事です。普通の英会話教室で行われている講師1人に対して複数の生徒の授業ではなく、マンツーマンレッスンを長時間受けられるコースを選択するか、英語合宿のように起きてから寝るまでずっと英語を話さなければならない環境に身を置くことが必要です。

週に1、2回の英会話教室より、集中して英語漬けになるほうが英語を話すことに自信がついて上達するのも早いのです。

英語合宿に参加することで大幅に英語力を伸ばすことができます。自然と英語での会話が楽しめることを期待できます。