誰にでもできる自作の電気製品ってどんなもの?

自作ならではのよさとは…

今の世の中は、お店に行けばどんなものでも揃っていますから、何不自由なく買い物ができます。素晴らしいアイディアが形になって売られていて、痒い所に手が届く商品も多いかと思いますが、購入後「もっと便利にならないものか…?」と考えることもありますよね。便利なんだけど何かが物足りない…と感じたら、それは自作へのひらめきに繋がる瞬間だと思いますよ。そう感じることが多々あるという人は、電気製品の自作に向いているかもしれませんよ。

電気製品と私たちの暮らし

暮らしていくときには、効率化や便利さというものを求めます。例えば、洗濯機がなければ、川に衣類を持って洗いに出かけなければならなくなるでしょう。そうなると…まさに昔話の世界そのものですね。洗濯機があるおかけでその他の家事が捗ることは、言うまでもない事実です。電子レンジがあるから、直ぐにご飯やおかずを温めることができます。電気製品は、私たちの暮らしを果てしなく便利にしてくれるアイディアの結晶だと言っても過言ではないでしょう。

電気製品に不満を感じた時…

買ってきた電気製品というのは、その種類を問わず本当に便利なものですよ。スイッチを押せば自動的に動いてくれるので、人の手を介さなくて済むところが最大のメリットです。これほどまでに便利な電気製品であっても、ちょっとした不満を感じるものです。電気製品のコードが邪魔だったり、スイッチが今一つ難かったり、そんな風に感じることも多いのではないでしょうか。コードリールを取り付けてみたり、左利き用にスイッチの位置を変えるなんてことも、自作すれば可能です。電気製品に不満を感じた時は、思い切って部分的に自作してみてもいいでしょうね。

プリント基板設計は、信号の流れに沿った部品レイアウトをし、パルス信号やシビアな信号ラインには注意が必要です。対称になる配置、配線をすることが大事です。