沢山あるパソコンの種類、でも選び方はあるんです!

たくさんありすぎて何を選んだらいいのか分からない!

パソコンがどんどん普及し、職場や家庭で学校でと触れる機会が増えてきました。しかし自分でパソコンを選んで買おうとした時に沢山の種類があって戸惑ってしまうのではないでしょうか。高いから性能がいいとか中古品は安いから買いだと思っていませんか。安くても性能を十分発揮する物もあれば、中古品は前の持ち主がどんな使い方をしていたのかやハードディスクなどがどれだけ使われてきたか分からないのは不安です。ならば自分のニーズにピッタリのパソコンを選びたいものです。

好みの組み合わせを発注できるBTOパソコン!

自分にあったパソコンを選びたいものですが、お仕着せのパソコンでは納得がいかないという場合が多いのではないでしょうか。そのパソコンにメモリがもっとあれば、ハードディスクの種類を変えたり容量を増やしてもらいたいなどあと少し足りない部分を補ってくれるパソコンがあります。それがBTOパソコンです。基本となるパソコンがあって別途料金は掛かりますが容量を増やしたりして自分好みのパソコンを作ることが出来るのです。しかも自作の知識は不要ですし換装は店側が全て行ってくれます。

それでもやっぱりパソコンの知識は必要

BTOパソコンは自分好みのパソコンを発注するには値段を抑えられるし適していると思います。しかし、スペックについて理解が出来ないと難しい点はあります。例えばどのCPUが性能がいいのか、メモリをどの位載せればパフォーマンスが十分なのか、互換性についてなど多くの知識が必要になります。そういった意味ではやや上級者向けになってしまいますので注意は必要です。

プリント基板実装とは、電子回路として動作できる状態にするために電子部品をプリント基板へはんだ付けしていくことをいいます。基板実装という場合も多いです。