「M&A」とは?担当者になったらどうするの?

「M&A」とはどんなこと?

「M&A」とは、企業の“合併”(Mergers)と“買収”(Acquisitions)のことで、2つ以上の異なる会社が合併したり、ある会社が別の会社を買収したりすることです。自社に経営資源が不足していると考え、事業を拡大したり再構築したりする際の経営戦略として行われます。

M&Aを成功させる方法

中堅中小企業でのM&A成功には、「組み合わせ」「条件交渉」「アフターM&Aマネジメント」が重要です。理想的な「組み合わせ」とは、企業文化が似ていて、シナジー効果が発揮され、相互補完関係を生むことができるかどうかです。どんなに良い組み合わせだとしても、条件によっては最も重要な目的を果たすことができなくなります。買い手側は、売り手側に敬意を払って尊厳を守ることが大切です。また、買い手側は売り手側の企業実態をできるだけ早く把握する必要があります。そして、専門家によってリスクを調査し、その回避策を検討する必要もあるのです。M&Aが成立した後は、売り手側の社員の意欲を持たせることも大事で、人材の選定にも最善を尽くさないといけません。

M&Aセミナーにぜひ参加してください!

全国各地では、M&Aセミナーが開催されています。「どんな会社を買収したら利益が上がるのだろう?」「買収戦略の立て方がわからない」「M&Aをどう始めたら良いのか知識がない」とお困り担当者の方は、とても役立つ内容になっています。また、このようなセミナーは、多忙な方のために1日で十分な知識や方法などを学べる講座になっていることも多いです。

M&Aは、会社の合併を意味する英単語のmergerと株の買占めを意味するacquisitionを合わせた用語です。経営者同士が賛同して手続を進める友好的な手段と、敵対的な手段があります。